ランナー情報

元号が変わる年、日本最標高のマラソン「ビーナスマラソン」を走る!

ニッポン絶景ロード100にも選ばれているビーナスライン

長野県の茅野市街と美ヶ原高原をつなぐ、日本の代表的な観光山岳道路のひとつで、軽井沢と上高地とを結ぶ大規模観光道路として計画された「中信高原スカイライン」の一部として竣工され、当時は蓼科有料道路と霧ヶ峰有料道路を併せてよぶ、愛称有料道路であった。

その名は、沿道にある稜線の美しい蓼科山の山容を女神に例えたことに由来するもので、1968年に公募で決定し、以後、通行無料開放後も継続して使用されている。

この人気のあるスカイラインで行われているビーナスマラソンは、長野県道40号諏訪白樺湖小諸線(北佐久郡立科町芦田八ケ野・蓼科牧場交差点 - 諏訪市四賀)白樺湖から車山高原を経て、霧ケ峰高原(標高約1650 m)までの区間のなかで設定されているが、昨年までとは違い、本年はメイン会場である競技場内でのスタート・フィニッシュに変更された。移動に煩わされずRunを楽しめる。

コースの最終調整は雪解けを待って行われる。

【On your mark】 【女神湖】 【ビーナスライン】 【夕日の丘】 【ビーナスライン下り路】 【別荘隣接路】

概要は、

  1. 40号際の女神湖奥にある陸上競技場「女神湖スポーツ広場1530」をStart(標高1545m地点)
  2. 大きく女神湖周遊道路を周回し(女神湖周回路は約2km)、 県道40号から女神湖交差点を右折。
  3. ペンションやレストランのある、女神湖通りを抜け4. 蓼科牧場交差点先(標高1556m地点)大駐車場横を通り、ビーナスラインに入る。 
  4. ここから折返しまで上り坂が続く。

    (約5km地点に第1・第4給水所)
  5. ビーナスラインでは蓼科山を左に見ながら、各大学の寮やスポーツ合宿所が点在するオゾン溢れる緑中の道路を走る。
    自動車の通らないビーナスラインを走れる のもうれしい!
  6. この登り坂を征し、 およそ4km先の見晴台「夕日の丘」(標高1657m地点)を一気に目指す。ここからの眺望は素晴らしい。
    昨年までなかった給水所やトイレも用意される予定。

    (第2・第3給水所)
  7. その先を折返し(標高1695m地点)、
    夕日の丘(第2・第3給水所)にもどり
    再び4kmを一気に下り、蓼科牧場交差点に戻る。登りと下りでは景色がガラッと変わる。
    この下り坂が曲者だ。
    惑わされずに自分のペースを保つ。

    (途中第1・第4給水所)
  8. 往路にビーナスライン入った位置を左手に見ながら走るとほんの100m程で蓼科牧場交差点。
    交差点を通過後、なだらかなのぼり道となる。
    白樺高原国際スキー場・白樺高原総合観光センターを右手に見ながら(夏でもスキーリフトが動いている)、左手に折れ、別荘街区路(標高1607m地点)に進入。
    走路イメージはやや登り、やや下りだろう!
  9. 別荘隣接路を過ぎると、第一牧場内に新設された爽やかな風が吹き抜けるトレッキングコース(標高1563m地点)に入る。

    (トレッキングコース内に第5給水所)

    このトレッキングコースは、2020東京オリンピックに向けてウガンダのオリンピック強化選手が使用する練習コースでもある。
    スケジュールが合えば、強化選手の参加も予定されているという。

    ここを抜けるとマラソンはいよいよ佳境だ!
  10. なだらかな上り坂が続く40号を走り、女神湖T字交差点を目指す。
    この坂が見た目よりハード!
    別荘街入口やホテル入口の看板を確認しながら、ペース配分を考えて走る。
  11. やがて、右手に女神湖が見えてくる。
    そして、ついに女神湖交差点。
    この交差点を越えれば
    約1kmのあがきのラストスパート。
    ついに陸上競技場でFinish(標高1545m地点)となる。

    新緑いよいよ蒼く、
    牛や羊・馬たちが緑の牧草を食みながら見送る横を過ぎ、
    森林の精霊が宿った爽やかな風が身体も心も心地よく洗い流す。

    こんな牧歌的で美しい景色の中、なんとストイックな戦いを強いられるのか!?

    いや、このコースだからこそ、完走の暁には頭上に女神が微笑む!


元号が変わる記念の年!

皆さんも、日本一標高の高いマラソン「ビーナスマラソン」を征してみては如何だろうか

ビーナスゲスト:湯田友美さん

湯田友美 

1985年5月28日

出身:愛知県 / 出身校 愛知淑徳高校

所属:smiley angel代表、adidas契約アドバイザー

経歴:元ワコール陸上競技部

資格・趣味:a-yoga、水泳、自転車、旅行、おしゃべり

 

2004年 アジアジュニア(マレーシア)3000M 優勝
2004年 世界ジュニア(イタリア)3000M 4位
2007年 都道府県対抗女子駅伝 29人抜き記録
2007年 世界クロスカントリー 日本代表
2007年 日本選手権5000M 4位
2008年 横浜国際女子駅伝 日本代表 2位
2008年 都道府県対抗女子駅伝 優勝
全日本実業団女子駅伝 6回出場